SSL GMOグローバルサインのサイトシール

循環器病の診療

JASMINE

 診療概要

JASMINEどうぶつ循環器病センターは犬と猫の心臓病の内科治療および心臓外科治療を行い、腎臓病科では透析を行う、世界でも画期的な先進医療センターです。

循環器内科・外科の診察が必要な犬と猫に迅速に対応できるよう、最新の設備と専門性の高いスタッフが診療体制を整えております。

腎臓病科においては、腎機能検査および透析療法を行っております。

 

当センターはかかりつけ医からの紹介症例のみを予約制で診療する二次診療施設です。
診察後はかかりつけ医、飼い主様とのご相談のもと最適な治療方針を決定し、診療を連携して行います。
 

主な診断・治療法について

心臓病の診断

 
心雑音の精査・心疾患の確定診断および治療方針の決定
心原性を疑う臨床症状の原因精査
不整脈・心電図異常の診断
猫の心筋疾患の診断および内科的管理
犬および猫における先天性心疾患の診断
 

心臓病の検査

  • 身体検査
  • レントゲン検査
  • 血圧検査
  • 心臓超音波検査
  • 心電図検査
  • 心臓カテーテル検査
  • 血液検査・心筋バイオマーカー測定
  • 血液ガス分析

②心臓特殊検査

ホルター(24時間)心電図検査
経食道超音波検査
 

③各種心臓病の内科治療

犬の僧帽弁閉鎖不全症の内科的管理
 

④僧帽弁閉鎖不全症の手術

僧帽弁修復術(弁輪縫縮術、腱索再建術)
人工心肺装置を用いた開心手術
 

⑤先天性心臓病の手術

心室中隔欠損症(VSD)の手術
心房中隔欠損症(ASD)の手術
心内膜床欠損症(ECD)の手術
肺動脈弁狭窄症(PS)の手術
 

⑥動脈管開存症の手術

犬の動脈管開存症に対する心臓外科手術
心膜切除
 

⑦カテーテル検査・治療

犬と猫の先天性心疾患に対するカテーテル検査
犬の動脈管開存症に対するコイルおよびAmplatz Canine Ducts Occluder(ACDO)を用いた塞栓術
犬の肺動脈狭窄症に対するバルーン弁口拡大術
 

⑧ペースメーカ治療

犬および猫に対する恒久的ペースメーカ植込み術

腎臓病の診療

JASMINE

 腎臓病科

腎臓病科は、腎臓病外来と透析センターで構成され、腎臓病の専門的な検査や治療を行います。

内科診療

・  腎臓病を早期に診断し適切な治療方を決定するために、イヌリンクリアランス検査を用いた詳細な腎機能評価を実施しています。腎臓病の進行を少しでも遅らせるために、日常生活の管理や食事療法、薬物療法を行います。

透析治療

腎臓病が末期の状態になると、腎臓の働きを人工的に補う必要があります。

  • 腹膜透析:お腹のなかに透析液を入れて腹膜を使って老廃物や余分な水分を取り除きます。
  • 血液透析:体の外に一度血液を取り出して、血液中の老廃物や余分な水分を取り除いた後再び体の中に戻す方法です。



連携獣医師のいる動物病院をご紹介