【犬・猫の心臓病について】 

犬と猫の心臓病には様々な種類の病気があります。

犬の心臓病

 先天性心疾患(生まれつきの心臓や血管の異常)では、動脈管開存症、肺動脈狭窄症、大動脈狭窄症、心房または心室中隔欠損症などが挙げられます。
 後天性心疾患(生後何かの原因で発症する心臓病)では、僧帽弁閉鎖不全症(弁膜症)、肺高血圧症、フィラリア症、拡張型心筋症などがあります。特に僧帽弁閉鎖不全症は高齢の小型犬で多く見られます。治療法は多くの場合、内科治療に頼ることが多いですが、進行の程度によっては外科手術(開心による僧帽弁修復手術)も適応になります。
 

猫の心臓病

 後天性心疾患では、肥大型心筋症など心筋の病気が多く認めらます。先天性心疾患では、心房または心室中隔欠損症、大動脈狭窄症などがあります。
 
 当センターではかかりつけ病院様からの御紹介を受け、犬・猫の心臓病の診断・治療を行っていきます。心臓病は一つとは限らず複数の心臓病が重なることも多々あります。また心臓は体内の循環バランスの影響を受け、心臓病は他の臓器にも影響を及ぼしますので、診断には広い視野を持って行う必要があります。
 

【当院における心臓病の検査】

身体検査

 心拍数、呼吸数、体温測定を始めとした、五感を用いた検査です。特殊な機器を用いず、動物の外側か得られる情報を評価していきます。聴診では心音・調律はもちろんですが、肺音なども注意深く評価していきます。どの病院でも行う検査ですが、動物の病気を探っていく入口として、確かな技術・知識が必要なとても重要な検査です。
 

血圧測定

 高血圧は動物でもしばしば認められ、心臓をはじめ体中の臓器に悪影響を及ぼします。また、血圧に作用する内服を処方する事も多いため、血圧の評価は大切です。血圧測定は動物の興奮をさけるため、できるだけ安静時に行います。日々の診療ではオシロメトリック法を採用しており、迅速に負担なく測定します。
 

心電図検査

 不整脈はもちろんのこと、伝導の異常や心臓のどこに負担がきているのかなどを検出することができます。
 また、失神の原因を探る場合など、長時間の心電図評価が必要な場合にはホルター心電図検査を行います。ポータブルの小さな装置を専用の洋服のポケットに入れて3日間お家で過ごしていただき、心電図を継時的に記録します。記録された心電図を解析することで、失神したまさにその瞬間に不整脈があるかなどを評価していきます。
 

血液検査・心筋バイオマーカー測定

 血液検査は、全身状態の把握や心臓薬による副作用が生じていないかなどを評価するために行います。また、血液の固まりやすさを評価する血液凝固系検査もセンター内にて迅速に検査することができます。
 心臓への負担の程度を評価する血液検査項目、心臓バイオマーカーの評価も行っております。NT-proBNPやANPは心臓病の重症度を評価する指標の一つになります。
 

レントゲン検査

 胸部のレントゲン写真を撮影する事により、心臓の陰影(大きさ・形)、肺や気管、胸水の有無などを評価できます。心不全の際によく認められる肺水腫の診断はこの検査を用いて行います。
 当センターはデジタルレントゲンを使用しており、迅速に検査を進めることができます。また、センター内はネットワークで結ばれており、撮影した鮮明なデジタルレントゲン画像を各診察室のパソコンから飼い様と一緒に確認することができます。
 

心臓超音波検査

 超音波診断装置を用いて、心臓の内腔や弁膜の構造、動き、異常な血流、血流の方向や速さなどを計測し診断や治療効果の判定を行います。痛みや危険性がなく負担の少ない検査です。当センターでは心臓検査の専用機器であるGE Medical社製Vivid E95とVivid qを使用しています。ドプラ機能、リアルタイム4Dエコー、経食道エコーなど多くの機能を備えています。確かな技術を持ったスタッフにより最新の設備で検査を行えますので、より正確な診断を行うことができます。
 

心臓カテーテル検査

 全身麻酔下で行う検査になります。体表に近い血管からカテーテルを挿入することで、心臓・血管内の正確な血圧や酸素飽和度などを測定ができます。また造影剤を用いる事により、心臓・血管の異常な構造や弁膜からの逆流を検出することができます。
 

血液ガス分析

 血液の中のpH、酸素、二酸化炭素などを測定し、肺機能や酸塩基平衡の評価が可能です。開心による心臓手術の際にも、全身の状態を逐一把握するために必要な非常に重要な検査となります。

JASMINE

献血ドナー募集

採用情報

連携獣医師のいる動物病院をご紹介