JASMINE-Vet
  日本どうぶつ先進医療研究所株式会社
  Japan Animal Specialty Medical Institute Inc.
  JASMINE どうぶつ循環器病センター
  農林水産省獣医師臨床研修指定施設

 

English

〒224-0001
神奈川県横浜市都筑区中川2-7-3
TEL: 045-532-8451
FAX: 045-532-8456
E-mail: info@jasmine-vet.co.jp

猫の心臓病について

JASMINE

先天性(生まれつき)の心臓病

先天性の心臓病で多くみられる病気は、心室中隔欠損症、心房中隔欠損症、動脈管開存症、などが挙げられます。
心室中隔欠損症とは、心臓が右心房、右心室、左心房、左心室と4つの部屋に分かれるのですが、そのうちの右心室と左心室を隔てている壁に穴が空いている状態のことを示します。
また、心房中隔欠損症は右心房と左心房を隔てている壁に穴が空いている状態を示します。
それぞれ、穴が小さい場合は成長とともに塞がったり、残ったとしても生涯日常に差し支えなく過ごせます。しかし、穴が大きい場合は、心臓のポンプ機能に障害をもたらし、運動しづらくなったり、肺に血液が溜まって肺水腫という状態を引き起こしたり、胸の中やお腹の中でうっ血が起こると胸水や腹水といった状態になる場合があります。
症状が出ている、心不全を起こしている場合、治すには外科治療が必要になります。内科治療のみではわずかな延命に過ぎないことが多いです。
外科治療では人工心肺につなげて心臓を切開し穴にパッチをつけます。リスクのある手術にはなりますが、成功すれば根治を望めます。
 

中高齢で多い心臓病

肥大型心筋症です。
心臓の左心室の筋肉が異常に厚くなってしまう状態を示します。筋肉が厚くなるということは、左心室がうまく膨らめなくなり、左心室の血液を貯めるスペースが狭くなります。貯めておけなくなった血液は左心房に溜まってしまいます。
左心房は風船のように膨らんで血液をためてしまいます。血流のない血液では血栓と言って血の塊を作りやすい状況になります。
血栓ができてしまうと、その血栓は血流に乗りいろいろなところに運ばれてしまい、細い血管でつまらせてしまいます。
その血管が腎臓であれば、急性腎不全を起こしますし、後ろ足の血管であれば、激痛を伴い後ろ足を引きずってしまいます。
血栓以外にも、心臓のポンプ機能が落ちると胸水も起こる可能性があります。
肥大型心筋症の治療は残念ながら内科治療のみになります。内科治療を行い血栓や胸水といった状態にならないようにいかに維持していくかが重要になってきます。
 
肥大型心筋症になる原因は多くの場合、不明です。体高血圧症や甲状腺機能亢進症でも同じような心臓になることがありますが、肥大型心筋症とは区別されます。
この病気になりやすい猫種は、メインクーンやラグドール、アメリカンショートヘア、ノルウェージャン・フォレスト・キャットなど言われています。このうちメインクーンとラグドールは遺伝子変異が同定されていますので遺伝的関与は考えられます。
 
不整脈
猫の不整脈はいろいろな種類がありますが、心拍数が少なくなる場合と、異常な心拍が増えてしまう場合とに分かれます。
心拍数が少なくなる、つまりは徐脈になる場合は洞停止や完全房室ブロックが疑われます。症状として失神を起こすことがあります。失神を繰り返す場合はペースメーカー植え込みの処置が必要となります。
異常な心拍が増えてしまう場合は心室期外収縮や心室頻拍が疑われます。この場合は心疾患により心臓に負担がきていたり、背景に心臓病が隠れている可能性があります。薬で不整脈を抑えることができますが、他に心臓病がある場合はそこの治療が重要になってきます。
 

心臓病の検査

心臓病が疑われたら次の検査が必要となります。
・聴診
・血圧測定
・血液検査
・心電図検査
・レントゲン検査
・超音波検査
聴診では心臓のどこでどのような雑音が聞こえるのかを確認します。雑音の種類によってどんな心臓病なのかあたりをつけていきます。
血圧測定では極力安静にした状態で測定します。特に猫は病院に来ている時点で興奮しているので難しいのですが。
血圧が高いと心臓病以外の病気が隠れている可能性がありますし、薬などの影響で低血圧になる可能性もあります。
血液検査では心臓病以外の病気が隠れていないかどうかを確認します。薬が必要な場合、腎臓や肝臓に負担がかかる可能性もあります。また、血液検査で心臓への負担を確認することもできます。
心電図検査では不整脈が出てないか、波形の形が正常かどうかなど確認します。
レントゲン検査では心臓の形、大きさ、肺の様子、胸水・腹水の有無などを確認します。
最も重要な検査が超音波検査です。心臓の中の構造を確認できるので、右心房・右心室・左心房・左心室それぞれの大きさや血流の方向や速さを測定できます。
また、弁の形態も確認できます。
 

お家でできること

心臓病を指摘されたら、外には出さないようにしてください。
お家でリラックスしている時に呼吸数と心拍数を測ってみてください。呼吸数は、1分間の胸の膨らんだ回数を、心拍数は胸に手を当てて鼓動を数えてください。猫の心拍数はとても早いので15秒間数えてその数を4倍にして1分間の回数とします。
また、食欲や被毛の様子も観察してください。活動量も、苦しい場合は減ってくることがありますので、日頃の様子も重要になってきます。
肺水腫を起こしていたり、胸水が溜まっている場合は、とても呼吸が苦しくなります。入院が必要な場合もありますが、自宅で療養する場合は酸素ゲージなども必要となってきます。
心臓になるべく負担をかけないようにするにはリラックスした日々を送ることが一番です。
 


 

JASMINE-Vet
 

献血ドナー募集

採用情報

連携獣医師のいる動物病院をご紹介


SSL GlobalSign Site Seal