呼吸器科

呼吸器科の概要特色

呼吸器科は、鼻腔・喉咽頭・気管・気管支・肺実質に関連する呼吸器疾患の精査・治療を行なっています。呼吸器疾患は、循環器疾患、腎泌尿器疾患とも密接な関係を持ち、当院ではそれらを総合的に診察することが可能です。
検査は、問診・身体検査から始まり、血液検査、血液ガス分析、X線撮影、透視検査、超音波検査を実施いたします。これらに加え、疑われる疾患によっては、鼻鏡検査、気管支鏡検査、気管支肺胞洗浄、CT検査を実施することが可能であり、病気の正確な診断に基づく適切な治療法を提案いたします。
また、呼吸器疾患の中には、外科治療が適応となる疾患もあります。当院では、内科治療だけでなく外科治療も行っております。

主な症状

・咳
・鼻汁、くしゃみ、鼻出血
・異常呼吸音
・運動不耐性
・呼吸困難
・いびき
・睡眠時無呼吸

主な治療

・ICU室による酸素療法
・ネブライザー治療
・インターベンション(カテーテル、ステント治療)
・外科治療