呼吸器科の主な病気

短頭種気道症候群

ブルドックやペキニーズ、パグ、ボクサーなどは短頭種と呼ばれ、鼻孔から気管にかけて気道の狭窄が起きやすい特徴を有しています。短頭種で認められる外鼻孔の狭窄、軟口蓋過長、気管低形成、反転喉頭小嚢といった気道の閉塞につながる解剖学的特徴を総称して短頭種気道症候群と呼びます。気道狭窄の程度により、いびきや吸気時の努力呼吸、睡眠時無呼吸が認められます。短頭種気道症候群は内科治療での管理は難しく、外科治療が適応となる疾患です。また、短頭種気道症候群は年齢を重ねるごとに悪化する傾向があり、将来的に不可逆的な呼吸筋の障害につながることがあります。そのため、気道の狭窄が重度な症例では早期の治療介入が推奨されます。

喉頭麻痺

気管の入り口である喉頭の開閉を調整する神経の障害により、喉頭が開きにくくなる病気です。喉頭麻痺が発生すると吸気が困難になり、呼吸音の増大や喘鳴、疲れやすさやチアノーゼが認められることがあります。また声帯の動きも障害されるため、鳴き声が変わったり、声が出なくなることもあります。呼吸困難が重度な場合、喉頭を広げる外科治療が必要になります。

気管虚脱、気管支虚脱

気管や気管支の内腔が著しく虚脱している病態のことを、気管虚脱、気管支虚脱と呼びます。トイ・プードルやヨークシャ・テリア、ポメラニアンなどの小型犬で発生が多いと言われています。主な症状は咳であり、頚部の気管虚脱ではガチョウの鳴き声に似た咳が特徴的です。また、咳は興奮時や運動時、首輪による頚部の圧迫により悪化しやすいです。病気の発生には先天的(生まれつき)と後天的(生まれてから発症)があります。後天的な気管虚脱、気管支虚脱は、上部気道の閉塞、心臓の拡大、肥満などによって発生することが多く、原因疾患の治療が優先されます。また先天性の気管虚脱をもつ症例では、吸気時と呼気時ともに気管が虚脱したままのことが多く、気管の低形成が認められます。このような先天性の気管虚脱に対しては、気管を広げる外科治療やステント治療が適応になります。

肺高血圧症

肺血管の血圧の上昇により、右心室から肺へ血液を送りにくくなる病気です。肺高血圧症の重症度が中等(程?)度以上になると、臨床症状が認められることがあります。代表的な症状は呼吸困難、運動不耐性、チアノーゼ、失神です。肺高血圧症の原因は呼吸器疾患だけでなく、循環器疾患や血栓症に起因して発生することもあります。治療は原因疾患の治療、肺血管拡張薬の使用や、原因が血栓症であれば血栓溶解療法を実施します。

各種肺炎

肺炎は細菌、ウイルス、真菌が原因となって起こる感染性、免疫異常や炎症が原因となって起こる肺炎もあります。肺炎の症状は原因によって異なりますが、主な症状は呼吸困難、咳、発熱です。治療は酸素療法に加え、抗生物質や抗真菌薬、免疫抑制剤の使用など、原因に適した治療を行います。

犬の慢性気管支炎

犬の慢性気管支炎は、感染や刺激物により気管支に炎症が発生する病気です。主な症状は咳ですが、特に持続性があり、咳の最後に空吐きを伴うような咳を認めることがあります。抗生物質や抗炎症といった対症療法に反応が認められますが、改善と悪化を繰り返す傾向があります。重篤化すると気管支に非可逆性な変化が生じ、呼気性の呼吸困難の原因となります。治療は感染に対する治療、環境由来の原因暴露の回避、抗炎症治療を行います。

猫喘息

猫喘息の特徴は発作様に始まる咳、喘鳴、呼吸困難などの症状です。この病気はアレルゲンや芳香剤、タバコといった刺激物が原因となったり、これらが病気の悪化要因になることがあります。猫喘息の診断は、気管支肺胞洗浄で特異的な好酸球の増加の検出により行われます。治療はアレルゲンや刺激物の暴露の減少と、吸入ステロイド剤を使用します。

鼻腔内、気道内異物

鼻腔内、気道内異物は誤食や嘔吐による食べ物の逆行、草むらに顔を入れた際に植物の一部や種が鼻腔内・気道内に入ってしまって起こることがあります。鼻に残った場合は慢性鼻炎の原因となります。気道内に入った場合は、咳の原因となったり、気道閉塞による呼吸困難を認めることがあります。病歴やレントゲン検査で鼻腔内、気道内異物が疑われた際は、内視鏡検査を実施し、異物の発見・除去を行います。

腫瘍

呼吸器領域における腫瘍は、鼻腔、喉咽頭、気管、肺等さまざまな場所で発生が認められます。症状は発生した場所により異なりますが、鼻腔は腫瘍による症状がわかりやすい部位です。鼻炎、鼻詰まりのような症状が認められることが多く、鼻出血を伴うことも少なくありません。また喉咽頭や気管の腫瘍は、気道閉塞による呼吸困難の原因となったり、肺の腫瘍は胸水貯留の原因となることがあります。また、腫瘍の場所や大きさによっては、症状は認めず、胸レントゲン検査を実施した際に偶発的に検出されることもあります。腫瘍の診断として病理組織学的検査、病気の広がりの評価としてCTやMRI検査を行うことがあります。治療は腫瘍の種類、発生部位により、放射線治療、抗がん剤治療、外科的切除を実施します。