犬と猫の心臓病、腎臓病、呼吸器病の診療について

 
JASMINE-Vet
  日本どうぶつ先進医療研究所株式会社
  Japan Animal Specialty Medical Institute Inc.
  JASMINE どうぶつ循環器病センター

 

English

〒224-0001
神奈川県横浜市都筑区中川2-7-3
TEL: 045-532-8451
FAX: 045-532-8456
E-mail: info@jasmine-vet.co.jp

Consult
Line

診療方針

 JASMINE どうぶつ循環器病センターは犬と猫の心臓病、腎臓病、呼吸器病の専門診療をする二次診療施設です。
かかりつけ医との連携により、飼い主様に確かな安心をご提供いたします。

Auscultation

受診の流れ

 

お問合せ
予約
診察
お支払い
連携

 


① 受診のご相談はメールか電話でお問い合わせください。 

<新規予約について>
 当院では完全予約制となっております。ご希望の際はかかりつけの病院より紹介して頂き新規予約を承ります。
 診療には、病歴や治療・検査歴などの詳細情報が必要となります。
 
<再診について>
再診の予約は診察もしくはお会計の際にご希望をお伺いしております。
後日、お電話にての予約も可能です。
※ご希望の日時に沿えない場合がございますので、お早目のご連絡をお願い致します。 
 


② 診察日をご予約ください

 <診療日のご案内>

 
初診
再診
手術日

◯ 診療・手術受付可
△ 緊急時には診療・手術受付可

 
手術日   :月・火曜日
診療日   :水-日曜日
休診日   :年末年始
診療受付時間:9:30 – 16:30
緊急時には時間外に受付が可能な場合もありますが、近くの救急病院に受診をお願いすることもございます。

<お問い合わせ先>
☎︎ 045-532-8451
E-mail: info@jasmine-vet.co.jp
初診時はかかりつけ医を通してご予約日時を調整させていただきます。
 


③ 診療

予約時間にて診療を行わせていただきます。
 診療はセンター所長の監修の下、循環器を専門に診療する獣医師が行います。
 


④ お支払いについて

現金、クレジットカード(以下のマークのクレジットカードが使用可能です)


Card

 
<動物健康保険について>
当院では取り扱いをしておりません。大変お手数をお掛け致しますが、当院で全額を精算して頂いた後、保険会社にはご本人様より直接ご請求して頂いております。
 


⑤ かかりつけ医へ診療結果をご報告いたします

治療は飼い主様、かかりつけ医および当センターとで連携して行えるよう、診療の都度かかりつけ医へのご連絡をさせていただきます。 
※ 来院時の注意事項
基本的に受診日は8時間前から絶食をお願いしております。
お家を出発する前まではお水を飲んでも大丈夫です。
当日の内服薬の処方などご不明な点がありましたら、当センターまでお問い合わせください。
 


 循環器科診療概要

JASMINEどうぶつ循環器病センターは犬と猫の心臓病の内科治療および心臓外科治療を行い、腎臓病科では透析を行う、世界でも画期的な先進医療センターです。

循環器内科・外科の診察が必要な犬と猫に迅速に対応できるよう、最新の設備と専門性の高いスタッフが診療体制を整えております。
 
腎臓病科においては、腎機能検査および透析療法を行っております。

 

当センターはかかりつけ医からの紹介症例のみを予約制で診療する二次診療施設です。
診察後はかかりつけ医、飼い主様とのご相談のもと最適な治療方針を決定し、診療を連携して行います。
 

主な診断・治療法について

心臓病の診断

 
心雑音の精査・心疾患の確定診断および治療方針の決定
心原性を疑う臨床症状の原因精査
不整脈・心電図異常の診断
猫の心筋疾患の診断および内科的管理
犬および猫における先天性心疾患の診断
 

心臓病の検査

  • 身体検査
  • レントゲン検査
  • 血圧検査
  • 心臓超音波検査
  • 心電図検査
  • 心臓カテーテル検査
  • 血液検査・心筋バイオマーカー測定
  • 血液ガス分析

②心臓特殊検査

ホルター(24時間)心電図検査
経食道超音波検査
 

③各種心臓病の内科治療

犬の僧帽弁閉鎖不全症の内科的管理
 

④僧帽弁閉鎖不全症の手術

僧帽弁修復術(弁輪縫縮術、腱索再建術)
人工心肺装置を用いた開心手術
 

⑤先天性心臓病の手術

心室中隔欠損症(VSD)の手術
心房中隔欠損症(ASD)の手術
心内膜床欠損症(ECD)の手術
肺動脈弁狭窄症(PS)の手術
 

⑥動脈管開存症の手術

犬の動脈管開存症に対する心臓外科手術
心膜切除
 

⑦カテーテル検査・治療

犬と猫の先天性心疾患に対するカテーテル検査
犬の動脈管開存症に対するコイルおよびAmplatz Canine Ducts Occluder(ACDO)を用いた塞栓術
犬の肺動脈狭窄症に対するバルーン弁口拡大術
 

⑧ペースメーカ治療

犬および猫に対する恒久的ペースメーカ植込み術


 腎臓病科診療

腎臓病科は、腎臓病外来と透析センターで構成され、腎臓病の専門的な検査や治療を行います。

内科診療

・  腎臓病を早期に診断し適切な治療方を決定するために、イヌリンクリアランス検査を用いた詳細な腎機能評価を実施しています。腎臓病の進行を少しでも遅らせるために、日常生活の管理や食事療法、薬物療法を行います。

透析治療

腎臓病が末期の状態になると、腎臓の働きを人工的に補う必要があります。

  • 腹膜透析:お腹のなかに透析液を入れて腹膜を使って老廃物や余分な水分を取り除きます。
  • 血液透析:体の外に一度血液を取り出して、血液中の老廃物や余分な水分を取り除いた後再び体の中に戻す方法です。
JASMINE-Vet
 

献血ドナー募集

採用情報

連携獣医師のいる動物病院をご紹介


SSL GlobalSign Site Seal