【JASMINEミニセミナー】尿管結石との戦い方

 

今回はJASMINEミニセミナーのご紹介です。腎泌尿器科より「尿管結石との戦い方」についてお話ししております。

ここでは、動画の内容を概説いたします。

セミナーテーマ:Beating 尿管結石〜尿管結石と戦う〜

講師:JASMINEどうぶつ総合医療センター  腎泌尿器科  室卓志先生

この動画は2020年10月21日に行ったミニセミナーの動画になります。

尿管結石の概要

尿管結石は尿管閉塞の最も一般的な原因で、診断精度の向上によりここ十数年で症例が30倍になっていると言われています。

猫の尿管結石の合計98%においてカルシウム含有結石が認められており、87%はシュウ酸カルシウムです。

犬の結石ではシュウ酸カルシウムとストラバイトがおよそ50%ずつとなっています。

シュウ酸カルシウムが形成する原因は不明で、薬物療法や食餌療法による結石の溶解は難しい場合があります。

今回は猫の尿管結石について解説いたします。

尿管結石の診断

血液検査上の異常として、尿路うっ滞による高窒素血漿や高リン血症、血中カルシウム濃度やカリウム濃度の異常(低カルシウム血症、高カルシウム血症、高カリウム血症)が一般的に認められます。

希釈に伴う貧血や低アルブミン血症を伴うこともあります。

高カリウム血症の治療

高カリウム血症は致死性の不整脈を起こすこともあり、緊急対応が必要になります。

原因治療がすぐにできない場合は対症療法としてグルコン酸カルシウム、20%ブドウ糖液、重炭酸ナトリウムの投与やグルコース-インスリン療法などが挙げられます。

これらの内、グルコン酸カルシウムは心筋膜電位の安定化作用、それ以外はカリウムの細胞内取込み作用があります。

致死性不整脈を防ぐためにグルコン酸カルシウムの投与を優先します。

当センターで実施している一般的な投与量をお示しします。

X線検査

尿管結石の発見のために有効な検査です。

骨や腸管で評価が難しくなるVD像よりもラテラル像を推奨します。

消化管内容物や腸管ガスの陰影で見えにくい場合は少し時間をあけて再評価することも検討してください。

腎結石と近位尿管結石は位置的に間違いやすく、区別のためにはVD像が有効となることがあります。

尿管開口部結石は見落とされたり、膀胱結石と間違われることがあります。

また、深腸骨回旋動脈のエンドオン像を尿管結石と間違わないよう注意してください。

白黒反転(ネガ反転)により尿管結石を評価しやすくなることがあります。

実際の尿管結石の症例のX線検査画像をお見せします。

超音波検査

尿管結石の診断に重要な検査です。

尿管走行に沿って広範囲に検査する必要があり、リニアプローブが一般的に使用されます。

腎臓や膀胱から尿管を追っていきます。

腎臓、尿管周囲の浮腫、尿管の蛇行は尿路うっ滞を疑う所見です。

閉塞部の前後で尿管径が異なる、閉塞部の尿管拡張、尿管結石のシャドーも特徴的な所見です。

実際の尿管結石の症例の超音波検査画像をお見せします。

CT検査

結石の鑑別に有効な検査です。

無麻酔でも可能な場合があり、当センターでは他の検査における評価が困難な場合に実施することがあります。

診断精度は高いですがコストが高い検査です。

実際の尿管結石の症例のCT検査画像をお見せします。

内科治療

臨床症状が軽度の場合に選択しますが、数週間で改善がない場合は外科治療を検討します。

尿量を増やして尿管結石を押し流すことを目的とした輸液療法(皮下輸液含む)やマンニトールなどの浸透圧利尿薬の投与が中心です。

尿路結石が移動することによる尿管内の炎症の軽減のために消炎剤を使用することも検討してください。

また、犬で発生が多い尿路感染が疑われる場合は、抗生物質を使用することもあります。

尿管拡張薬は、尿管結石の移動を促進する目的で使用され、α1ブロッカー(α1受容体拮抗薬)、平滑筋弛緩薬、カルシウムチャネルブロッカー(カルシウムチャネル拮抗薬)などがあります。

外科治療

外科治療の目標は、緊急時の尿路確保と閉塞解消後の尿管開通性の確保です。

腎瘻チューブは、簡便性の高さ、尿産生能の評価が可能であること、腎盂尿管造影が可能となることから、緊急時の一次的な尿路確保に有効です。

根本的な治療としては尿管開通性の確保が必要で、尿管結石の摘出と必要に応じて尿管の移設やSUBシステムによる迂回などの方法がとられます。

尿管切開の際、切開部位からの尿漏出の予防と尿管縫合部位の炎症抑制を目的として腎瘻チューブを設置します。

さらに、アクティブドレーンを設置し、急性腎障害時の腹膜透析に備えるだけでなく、万が一尿が漏出した際のドレナージにも活用します。

腎瘻チューブの設置、尿管切開による尿石摘出、腎盂尿管造影、腎瘻チューブの抜去の様子を動画でご紹介しております。

SUBシステム設置術はデバイスによる合併症や定期的な洗浄の必要性の観点から、当センターでは初回から実施していません。

多発性結石、高齢、尿管狭窄の症例ではこの方法を検討します。

透視下でのSUBシステム設置の様子を写真でご紹介します。

まとめ

尿管結石は近年症例が増加しており、緊急性の高い疾患です。

症状の程度によっては一定期間内科療法を行うこともできます。

状態の安定化や内科治療を実施するための時間稼ぎなど、その後の治療の成功率を高めるためにも、腎瘻チューブの設置の技術の習得を推奨します。

外科手術においては、尿管を縫い過ぎないよう注意してください。

セミナー動画URL

JASMINEミニセミナー|腎泌尿器科|Beating 尿管結石〜尿管結石と戦う〜|室卓志先生

https://youtu.be/mKiPA2OhAiM

 

この記事の執筆者