日本どうぶつ先進医療研究所 
倫理委員会

JASMINE

 「臨床試験」・「臨床研究」について

 当社で行われている研究は、すべて飼主の同意のもとで行い、また、診療情報の使用に同意いただけない場合は研究対象とはいたしません。
倫理委員会の審査結果の公表ならびに研究に関する情報を公開しております。
 

(1) 臨床試験について

「臨床試験」は、動物(治療中の動物や健康な動物)を対象に薬や医療用具などの有効性や安全性等を検討し実証するため行なわれる試験で、「治験」や「製造販売後調査」などがあります。
当院では、農林水産省の定める「動物用医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」に沿って、適正かつ安全な臨床試験が実施されるよう『研究倫理委員会』を設置し、適宜審査を行なっております。
 

(2) 臨床研究について

「臨床研究」は、動物(治療中の動物や健康な動物)を対象に医療における疾病の予防・診断・治療方法の改善や疾病原因及び病態の理解ならびに罹患動物の生活の質向上を目的に実施される獣医学系研究です。
当社では、「研究倫理規定」および「JASMINE 動物研究倫理指針」に沿って、適正かつ安全な臨床研究が実施されるよう『研究倫理委員会』を設置し、適宜審査を行なっております。
 

(3) 研究倫理委員会

委員会構成員は次のとおりです。
1. 委員長 水野壮司
2. 脇島香奈未
3. 外部委員 3名
4. 上地正実
 

(4) 倫理委員会報告

 
 


日本どうぶつ先進医療研究所株式会社 研究倫理規程集

研究倫理規程

日本どうぶつ先進医療研究所株式会社における学術研究は、その高度な発展と社会に対する責任の大きさを認識し、研究者は研究の目的が何であるかを自覚するとともに、研究成果を社会および人類の幸福のために寄与しなければならない。
 


 

臨床研究倫理委員会内規

この内規は、日本どうぶつ先進医療研究所株式会社倫理規定第15条第3項の規定に基づき、日本どうぶつ先進医療研究所株式会社(以下「本社」という。)における研究倫理等について審議するため、本社に置く臨床研究倫理委員会(以下「倫理委員会」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。
 


 

研究活動の不正行為取扱いに関する内規

この内規は、日本どうぶつ先進医療研究所株式会社(以下「本社」という)における研究活動の不正行為(以下「研究不正行為」という)に適切に対応するために定める。
 


 

研究倫理審査ガイドライン

 


 




連携獣医師のいる動物病院をご紹介