各種心臓病の内科的治療

犬の僧帽弁閉鎖不全症の内科的管理

軽度な僧帽弁閉鎖不全症の症例や飼い主様が僧帽弁修復術を望まれなかった場合は、内科的管理を主体にご提案しております。僧帽弁閉鎖不全症の病勢把握のため定期的もしくは必要に応じて精密な検査を行い、飼主様のご要望に即した治療プランをご紹介動物病院様のご協力のもとにご提案することが可能です。

猫の心筋疾患の診断および内科的管理

心筋疾患は猫の心疾患の中でも最も一般的ですが、その原因や病型はひとつではありません。肥大型心筋症などの心筋自体の病気だけではなく、体高血圧症や甲状腺機能亢進症などにより二次性に心筋の肥厚をきたす場合もあります。したがって、左室肥大の鑑別診断は心臓超音波検査だけでなく血圧や血液検査なども含めた各種検査が必要となります。
また、心筋(心内膜)自体の異常により引き起こされる心筋症も、形態によって肥大型、拡張型、拘束型心筋症などの分類がなされます。そのため、心臓超音波検査による詳細な心室の評価が必要となります。

犬および猫における先天性疾患の診断および内科的管理

初回のワクチン接種時など若齢時に心雑音が聴取された場合、先天性心血管奇形が疑われます。遭遇することは稀であるかもしれませんが、犬猫にはとても多くの種類の先天性心血管奇形が報告されております。早急に治療が必要な場合、血行動態が複雑であり正確な病態把握が必要な場合もあるため、一早い診断が重要となります。